話題のdtabとは?

Pocket



dtabって何のこと?

それはドコモダブレットのことです。

 

dtab正面

dtab正面

 

ドコモがタブレット、つまりiPadやkindl、nexusと同じ土俵で戦うことになります。

 

以下スペック。

ディスプレイ:10.1インチ、1280×800ドットのTFT液晶。チップセットはファーウェイ製の「K3V2T」で、1.2GHz駆動のクアッドコアCPUとなる。8GBのストレージ、1GBのメモリを内蔵する。

最大32GBのmicroSDHCカードを利用できる。約300万画素のメインカメラ、約130万画素のフロントカメラを搭載する。GPS、Bluetooth 3.0+HSをサポート。音響技術「auyssey」と「Dolby Digital Plus」を搭載し、原音に近い音や迫力ある重低音で音楽や動画を楽しむことができる。

 背面はアルミボディで、継ぎ目が少ないのが特徴。大きさは約176×257×9.9mm、重さは約610g。バッテリーは6020mAhで脱着できない。ボディカラーはAluminum Silverの1種類。

(引用元:http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20130122_584376.html)

 

側面

側面

 

背面

背面

 

価格はというと、3月下旬の発売から9月末までのキャンペーン期間中は、端末が9975円(ドコモオンラインショップの価格)で販売されるとのこと。

しかし、キャンペーン価格での販売は、ドコモの回線およびspモードを利用しているユーザーが対象で、「dビデオ」を6カ月間契約することが条件となっているとのことで、相当の縛りがある模様。

通常価格は2万5725円とのことで、価格は他のタブレットと比べてもやや高めといったところでしょうか。

 

うーん、あまり魅力が無い気がするのは私だけだろうか・・・。

タブレット参戦の今さら感もぬぐえないしね。

 

コメントを残す