<WBC台湾戦速報!>9回表井端が同点のタイムリーヒット!大車輪の大活躍!


WBC台湾戦

 

WBC2次リーグの初戦の台湾戦、日本は8回の裏に勝ち越し点を許し、9回の表背水の陣で迎える。

9番鳥谷が根性の四球を選び出塁し、1番長野はフライに倒れるも、今日当たりに当たっている、井端に打順が回る。

鳥谷が初球に盗塁を決め、スコアリングポジションにランナーを置いた日本。

そして、やってくれました良いバッターの井端がセンター前に同点タイムリーヒット!

後続は倒れて同点のまま9回裏へ突入する。