市川團十郎の病気とスキャンダラスな過去。


市川団十郎

 

先日、白血病という病に倒れ最後は肺炎で亡くなった市川団十郎さん。

ワイドショーでは息子の市川海老蔵が悲痛な胸の内を明かすなど、

様々な最近亡くなった中村勘三郎さんに続き、たくさんの報道がされていま

す。

 

息子の市川海老蔵と言えば、暴走族関東連合のリーダーとバーで暴行事件

を起こすなど、スキャンダルにはこと欠かないやんちゃ坊主で、父親の団十朗

はそれを大きな器でたしなめるという親子関係が印象的ですが、実は市川

団十朗の名前自体がスキャンダラスな過去を持っているのです。

歌舞伎界では、名前を段々と襲名していくわけで、これまで市川団十朗を襲名

してきた方は何人もいるわけです。

 

そして、その代々の団十朗がスキャンダルがすごい。

以下引用。

初代團十郎は人気絶頂時に舞台上で刺殺され、二代目はよく名を継いだものの、その妾が弟子と駆け落ちする大騒動を起こす。四代目は男色にふけり、若衆による美少年売春宿の経営を援助。五代目は「おれさえ出れば見物嬉しがるという心がよし」と傲慢な家訓を遺し、七代目は幕府と対立し江戸追放。八代目は若くして謎の自殺を遂げる、など歴代あまたの仰天逸話が伝えられている。特に初代の「舞台上で刺殺」はすさまじく、そのスター性を思わせるエピソードだ。(http://www.cyzowoman.com/2011/06/post_3667.html)

 

ゲイ売春を始めたり、政府追放を食らったり、舞台上で刺殺されたり・・・。

 

多くの団十朗の魂が染み付いた名前だけに、やはり何か宿っているのかも

しれませんね。。。

年をとると、やはりいろいろな病気が出てくるのが普通です。
この記事のように白血病やがんといった生命に直接かかわってくるようなものでなくても、
男としての機能を失ってしまう病気も非常に怖いですよね。
そんな「最近ちょっと調子わるいな・・」と思っている方におすすめの記事があるので、良かったら見てみて下さい。

>> ED、勃起障害に効果あり|安全性も追求した【FORCE】

コメントを残す